宇宙船と砂漠で足跡

こんにちは。 こんばんは。 おはようございます。 flyingsapceshipと申します。 こちらのはてなブログでは好きなもの、きらいなもの、気になるもの、考えたことがあれば、私ならではの少ない語彙と拙い文章による書置きスタイルでお送りしようと考えています。

本を持ち歩く

こんにちは。

こんばんは。

おはようございます。

flyingsapceshipと申します。

こちらでは好きなもの、きらいなもの、気になるもの、考えたことがあれば、私ならではの少ない語彙と拙い文章による書置きスタイルでお送りしようと考えています。

 

最近、小さいカバンを持つことの方が多くなった。

流行もあり、売っているカバンが小さくなりがちであることも理由だし、ほどほどに年をとって毎日通勤していると体力が減り、重くデカいカバンを持ち歩く身体で的余裕が無くなった。

 

カバンの容量が、仕事で必要なものが入る最低必要量までとなると、文庫本1冊を入れる余裕も無い。

 

本を持ち歩けないことが、足元を不安定なきもちにさせる。

少しでも何かを咀嚼しようと、スマートフォンでなにかしら読んでみようとするが、結局Twitterに張り付くだけになる。

 

持ち歩ける知識が無いのだ。

本さえあれば、その本の許容量程度の知識は持ち歩ける。

スマートフォンは、あくまで自発的に調べ物をしなければ、または充電が切れればただの板だ。調べたからと言って、確実な内容が出てくるわけでも無い。

 

なるほど。私がミステリー系を読むことが多いのは、雑学が散りばめられていることが多いジャンルだからかもしれない。

 

私には今、自信を持って言える知識が手元に無い、とそう思う。

「自分の考え」と「知識」は違う。

 

と、ここまでは今年のはじめあたりに書いていた。

 

ここまで自信が無いのに、いまは本を持ち歩くことはほとんどない。

電車に乗る時間が、ほぼ無くなったというのはかなり大きい。

 

あと、今日は生まれて初めて、都内の美容室に行った。

iPadを渡されて、雑誌を読み放題の状態になっていた。

これはかなり効率的だ。

これまで通っていた美容室では、普通に現物の雑誌だったので、アシスタントさんの仕事に、「空気を読んで雑誌を変えるか客に伺う」があった。これがなくなるだけで、読む方も気兼ね無く読める。

ただ、やはり某事務所のアイドルは陰のみだった。

 

iPad、いいなぁ…。

 

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

愛しています。

やるもやらないも

こんにちは。

こんばんは。

おはようございます。

flyingsapceshipと申します。

こちらでは好きなもの、きらいなもの、気になるもの、考えたことがあれば、私ならではの少ない語彙と拙い文章による書置きスタイルでお送りしようと考えています。

 

毎日更新を終えた1月3日以降、「月1くらいでブログ更新しようかな〜」などと宣ってみたりもした。

 

やめてみてわかったのだが、ブログ更新しないと、他のやるべきことが次々と思い浮かんでしまって、それで1日が埋まる。その出来事の中で食事をしたりぼうっとしているだけだった。

 

そのうえ、私の性質により、思いついたことはその時にやらなければいけない。

『やらなければいけない』理由としては、その物事の重要性のランクに関わらず、なんでもすぐ忘れるからだ。

思いついたその時、その日に終わるものではないとしても、始めるのはその時でなければなにもかも無かったことになる。

考えたことも、反省したことも、全部、私の思考の中だけだと、消えることで完結する。

 

ブログ更新の時間はそれほど取ってないつもりだったが、毎日更新をやめてみると、できる余剰物はたくさんあったのだ。

では、毎日更新以前は?と考えてしまう。

 

無理にねじこんだルーティンのおかげで、本当はできることがたくさんあると気付けた。

こうやって書くと胡散臭いなにかの概念の勧誘のようだし、意識高い系の『起業(数年で自己破産)』の始まりみたいだ。

 

私はいま、余裕がある、と思える。

お金ではない。

お金ではない。50万くらいはポンと欲しい。

 

昔の、脳の中でワーワーして、好きな雑誌も本も読めなかった時期のことを思うと、時間だけでなく、脳の処理の中にある程度の余裕があると思えた。

思えるか、思えないか、だけでも自分に余裕があるかどうか違う気もする。

 

友人によく「貴方は0%か100%かでしか考えてないね」と言われる。

効率や結果を求めるなら、『はじめる』行動は0%か100%だ。

 

中途半端にやって頓挫したことを『やったけどできませんでした』は詐欺や嘘やまやかしだ。

 

仲間内だけで持て囃される中途半端に成績のいい奴に勉強方法を聴くより、仲は良くないが学年で1番点数を取った奴に勉強方法を聴くほうがいいに決まっている。中学生のとき、そうして、そいつと同じ塾に通い始めた。

田舎町にひとつしかないからと混み合う医者より、病院が乱立する都会にある評判が良く大きな病気に行く。一昨年はそうしてアトピーで入院した。

 

確実な方法を選択したつもりでも、間違うことがあるのに、中途半端に選んで結果が出ないのは当たり前だ。

 

それで不平不満を言うのだけは格好悪いと思う。

格好悪いのはいやだ。

 

ただ、そういう格好悪いところをボツボツと投げ込んでも、みんなが見て見ぬフリもしてくれるぬるま湯インターネッツが好きだ。

 

これから仕事が忙しくなる予定だ。

めちゃくちゃにやる。

中途半端にやってるくせに、給料が少ない、とは言いたくない。めちゃくちゃにやってるから、不平不満も言うのだ。不平不満は言いたいからだ。

 

めちゃくちゃにやります。

仕事をしてる時の自分の方が好きだ。

まぁ、当たり前か。じゃないと金は発生しない。私よりお金の方が偉いからな。

カイジ読みたい。

 

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

愛しています。

毎日更新について

こんにちは。

こんばんは。

おはようございます。

flyingsapceshipと申します。

こちらでは好きなもの、きらいなもの、気になるもの、考えたことがあれば、私ならではの少ない語彙と拙い文章による書置きスタイルでお送りしています。

 

目標の『毎日更新1年』が経った。

感想は、「つらかった」だ。

最初は良かったけれど、毎日となると後半はつらかったし、具合が悪いときはどうしようか悩んだ。途中でやめかけた時もあったけど結局コソコソ更新していたので、ちゃんと毎日更新になった。

毎日ネタを考えるのも、まずは一文考えておこうと頭を捻っておくのも、大変だった。

1日のスケジュールの中に、この時間をとって時間を調整してやるべきことをやったり、やるべきことを放棄したり、本心はなにもしたくない眠りたいだったり、人間が出来てないので大変だった。

ただ、心に留めていたのは、ブログに生活が左右されないようにすることと生活もブログが左右されないようにすることだ。

日記的な内容は最終手段にしたり、ブログを理由に実生活のなにかを断ったり諦めたり利用したりすることが無いように努めた。ブログのflyingspaceshipと、生活の私とで切り分けはしたかった。毎日やっていても、それが出来るかどうかを見たかった。

 

毎日更新のブログをやって良かったことは、友人が応援してくれたり、友人からテーマを投げかけてもらえたりしたことだ。

あと、もうひとつ、実生活と切り分けするために、逆にきちんと1日の中の予定を含めてブログの時間を設けたので、仕事の締め切りがあるものがかなり余裕を持って出来るようになった。ルーチンが追加されたことで、より整頓しやすくなった。ガラガラの本棚より、ある程度量が入った本棚のほうな整理しやすいようなイメージだ。

 

知能テストを過去に受けたことも書いたが、私は考えるのが基本的に苦手だ。だから、人より余計に遠回りしてものを考えて、人より考えることに費やすものの比率が大きい。

文章もどちらかと言えば、そこまで上手では無いかもしれない。

それでも、毎日考えて、吐き出して、の繰り返しの訓練が出来た。

 

なにより自分がたてた目標を達成できたことは誇らしい。

 

今後も苦しみながら、考えたことを文章にしていきます。

 

今後は毎日ではなくなりますが、また見ていただけると嬉しいです。

 

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

愛しています。

 

 

ちゃんとした

こんにちは。

こんばんは。

おはようございます。

flyingsapceshipと申します。

こちらでは好きなもの、きらいなもの、気になるもの、考えたことがあれば、私ならではの少ない語彙と拙い文章による書置きスタイルでお送りしています。

 

「ちゃんとした」家庭という定義はそれぞれ曖昧だ。

ただ、私個人のイメージとしては、家庭内で季節行事を必ず行う家庭は「ちゃんとした」家庭だと思う。

誕生日やクリスマス、お正月だ。

そう、今まさに家族が揃ったお正月が行われている家庭は、「ちゃんとした」家庭なのだ。

しかし、ここ20数年で働き方や暮らし方が変わった。例えばお正月といえば御節だが、それを必ず手作りする家もあれば、御節は品数が多く材料も高価で手間もかかるためお店で取り寄せか購入する家庭も増えた。それだけではなく、お正月特別メニューを各家庭で設定する場合もある。

多様化が認められるなか、御節に並々ならぬ情熱を注いできた家庭もあるだろう。代々嫁いだ者が味を引き継いだその家系図をなぞる御節は『手作り必須!さもなくば切腹』とでも言いたげだろう。

 

ふと友人のひとりがTwitterで言った。

「御節が出る家じゃなかったから結婚したら苦労するんじゃないか」

 

私の家は御節が出る家だったが、御節が何で構成されていたか、ほとんど覚えていない。当然伊勢海老なんて乗ってない。10年以上、お正月に実家にいなかったので仕方がない。

そもそもこの10年、私のお正月は元日のみ(元日も仕事の時もあった)が休みで、クリスマス後から年明けにかけての長期連休は無い。

もし、結婚できたとしても、もし、御節の構成をわかっていたとしても、作る時間は一切無い。「俺のママンは御節はパーフェクトにハンドメイドだった」と言われたら

「えっ!すごーい!じゃ、君は御節のことよく知ってるよね!御節は君に任せるね!私は有っても無くてもいいし、仕事あるからご自由にね」

と言いたいが、たぶんそういうお育ちの、「ちゃんとした」家庭の人は、そんな職業の私を候補にさえ入れないのだ。

 

「ちゃんとした」家庭の人と付き合いたいが、そういう人は選んではくれないし、選んだとしても、些細なことで崩壊するのだ。いや、確実に殺し合いになるのだが、なんとなく、「最初から選んでもらえない」と思うと寂しい気持ちになる。ましてや私は好んでこの仕事をしているため、より意見は食い違い、互いの死肉を喰らい合うことになるかもしれない。

 

ここまで猟奇的な『分かり合えなさ』を想像できても、「自分は「ちゃんとした」家庭で育った人には最初から選んでもらえない」と思うと寂しいのだ。

 

最終的に血で血を洗う結末になっても、だれかに選んでもらいたい。

それが『犬神家の一族』だろうか。

 

犬神家の一族 金田一耕助ファイル 5 (角川文庫)

犬神家の一族 金田一耕助ファイル 5 (角川文庫)

 

 

読んだことないけど。

 

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

愛しています。

 

豚汁について

あけましておめでとうございます。

こんにちは。

こんばんは。

おはようございます。

flyingsapceshipと申します。

こちらでは好きなもの、きらいなもの、気になるもの、考えたことがあれば、私ならではの少ない語彙と拙い文章による書置きスタイルでお送りしています。

 

角煮の豚の茹で汁で、肉が入っていない豚汁を作ったら友達が褒めてくれた。

 

私自身がいつも豚汁の肉に不満を抱いていた。

家で作る豚汁に入った肉は、ダシが出きってポソポソしていた。豚汁に肉のダシが必要ならば、肉はジューシーなまま別で食べたい、ダシだけ使えば良い。ただでさえ、ごぼうからアクが出るのだから、ポソポソした肉からも出るアクを絶えず取っていたらきりがない。

 

ごぼうを初めて買った。ささがきは鉛筆をナイフで削っていた頃を思い出した。

 

あと2日で毎日更新が終わってしまう。

ネタらしいネタもなく、日々を費やしてしまうかもしれない。

それでも現実の私はまじめにやっているのでいいのだ。それでいいのだ。

 

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

愛しています。

良い1年だったと思う

こんにちは。

こんばんは。

おはようございます。

flyingsapceshipと申します。

こちらでは好きなもの、きらいなもの、気になるもの、考えたことがあれば、私ならではの少ない語彙と拙い文章による書置きスタイルでお送りしています。

 

2018年は良い年だったかもしれない。

 

はてなブログを始めてみたり、友達が増えたり、行ったことのないところで遊んだり、お祝いの席に並んでみたり、仕事は大変な時が半分以上だったけど後半は成果が出て、積み上げたものが現れたと体感できた。

穏やかな1年だった。

 

最後の最後に酷い虫歯が見つかったが、健康状態もそこそこだ。

 

年末の午後の空はいつも灰色だ。

 

年が明けたら、このブログの毎日更新も残り3日だ。

毎日大変で、結果あまり時間が取れなかったが、残りわずかとなるとかなり惜しい気持ちだ。ボリュームがある内容はそれ以降に更新する予定である。

続けていたら、なにか、いいことがあるかもしれないから。

 

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

愛しています。

お正月の準備

こんにちは。

こんばんは。

おはようございます。

flyingsapceshipと申します。

こちらでは好きなもの、きらいなもの、気になるもの、考えたことがあれば、私ならではの少ない語彙と拙い文章による書置きスタイルでお送りしています。

 

来年のテーマは『とんかつ』なので、友人との忘年会に向けて食べ物をこれから仕込みます。

 

角煮と豚汁(肉無し)です。

豚がテーマの2019年です。

 

養豚場のセリみたいな地獄に身を置きたくはない。

私は人間だからだ。

でも豚は尊い。かわいい。

 

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

愛しています。